樹木葬のメリットとデメリット

バナー

樹木葬のメリットとデメリット

近年、お墓を継ぐ人がいない、お墓から遠い場所に住んでいて管理が難しい、墓石が高額などでお墓とは違う埋葬方法が注目されています。

樹木葬は1999年に岩手県一関市で始まりました。

産経ニュースのクチコミ評価が高いです。

樹木葬とは墓石を建てるのではなく、霊園の敷地内の木や花を植えたところに遺骨をそのまま埋葬するもので自然に還る埋葬方法です。



様々な場所があり、山の中に霊園があり里山のようになっている所、庭のように作ってあり、霊園が公園のようになっている所などがあります。

植える木は霊園によっては、いくつかの木の中から好きなものを選んで植えることも可能です。

誤解してはいけないのは、庭や近所の木の下に勝手に埋めることは法律違反でできません。
主に2つ方法があり、一人に一本に木を植えて埋葬する方法で、名前などを彫った標石が置かれることもあります。
2つめは区画に一本の木を植えて複数の遺骨を埋葬する方法が挙げられます。


この方法では、まとめて遺骨を納めることから埋葬したら取り出すことはできません。
また遺骨をパウダー状にしたときも、個別に埋葬しても取り出すことはできなくなります。


樹木葬のメリットは管理は霊園側が行うのでお墓であるような跡継ぎの問題がありません。また墓石代がかからないことから比較しても安く済ませることが出来ます。



樹木葬の平均相場は約20万円から70万円といわれています。
埋葬方法は自分一人だけの問題ではありません。親族には必ずよく相談し、説明することが大切です。

Copyright (C) 2016 樹木葬のメリットとデメリット All Rights Reserved.