大自然のなかに回帰する自然葬が話題

バナー

大自然のなかに回帰する自然葬が話題

現代ではお葬式も宗教や形式にとらわれず、さまざまな様式が多様化してきました。

家族のみでささやかにお見送りする「家族葬」や、故人の生前好きだった音楽を流す「音楽葬」。とうとう宇宙空間に遺骨を散布する「宇宙葬」まで出てきました。
そんななか、注目を集めている葬儀のスタイルのひとつが「自然葬」です。自然葬とは、遺骨を墓地に埋葬せずに自然に回帰させる葬礼の方法です。

どんな人にも自然葬に関する情報満載です。

現在の日本での自然葬は、野山や海に遺骨を散布するのが一般的です。

大自然のおおきな循環のなかに回帰していこうと考える葬儀スタイルのことです。
江戸時代以降は、日本でも自然葬が一般的でした。


しかし、江戸時代中期ごろより、庶民も徐々に墓を持つようになると、明治政府では葬式仏教の教えもあり、「遺骨は墓に入れなければいけない」という固定観念が生まれたのです。

しかし、今や世界中で自然葬のスタイルが用いられています。



近年、核家族化、少子化により、家系を重んじた墓の管理体制が取りにくくなってきている背景もあります。
また、常識や固定観念にとらわれない葬式スタイルを望む風潮が強くなっていることもうかがえます。

野山など自然の場所に墓など人工物を作らないように、自然を保護する目的もあります。

日本人が古代より自然と行ってきた葬送スタイルが、現代よみがえり注目を集めているのです。大自然に回帰し、大自然と一体になってまた世に生まれ変わる…そんな日本人の古代からの死生観が詰まった葬送スタイルなのです。

最高のlivedoorニュースのことならお任せください。

Copyright (C) 2016 大自然のなかに回帰する自然葬が話題 All Rights Reserved.