樹木葬は自分の意志を反映できる

バナー

樹木葬は自分の意志を反映できる

限られた日本の国土の中と、少子化問題も影響し、日本のお墓事情のニュースや特集が組まれることが多くなりました。


ここ数年では、高齢化社会ではなく、高齢社会として老老介護も大きな問題になっており、老後だけでなく死んだ後のことも自分で計画しておかなければならない時代になりました。
先祖のお墓があるのは当然と思われがちですが、実は長男が跡を継ぐことが多いため、次男家族以降は自分たちでお墓を購入することがほとんどです。

現在の家庭事情もあり、お墓を持っていない人も多く、高齢者の中にはお墓を購入するお金は用意していたものの、お墓を売ってくれるところがないということもあるようです。伴侶がお墓に入った時にはお墓詣りができるように近場を考えていても、そうそうお墓はありません。

All Aboutに関する口コミ情報を募集しています。

そのような人たちが注目しているのが、樹木葬です。



樹木葬はお墓という概念がありませんから、墓標がなければ嫌だという人には少し抵抗があるかもしれません。

しかし、大きな樹木の下に埋葬され、自然に戻っていくことはとてもよいことだと考える人も出てきており、毎年開花する時に自分を思い出してくれれば、と樹木葬を希望する人たちが増えています。
当然、他にもたくさんの人と一緒に埋葬されることになりますが、夫婦がそろっていなければ嫌だ、ということでなければ受け入れられるようです。

今では樹木葬ツアーもありますから、生前に自分でバスツアーに参加して自分の意志で決められます。



Copyright (C) 2016 樹木葬は自分の意志を反映できる All Rights Reserved.